台湾の風俗と言えばサウナ

日本人に人気の台湾サウナ

台湾とは日本から近いことから、毎年多くの日本人観光客が訪れています。
もちろん、ショッピングやグルメも楽しいのですが、男性であれば風俗遊びがしたいもの。
そのため、台湾の風俗雑学を仕入れておきましょう。
日本人が台湾の風俗を楽しむのであればサウナをおすすめします。
このサウナは日本でも人気が高く、風俗雑学に明るい方であればご存知でしょう。

しかし、それでも台湾サウナはディープな存在。
それでは、具体的にどういったサウナがあるのでしょうか。
最もおすすめのサウナは金年華三温暖という名前の店舗です。
このサウナは日本人向けのクラブが密集するエリアにあることから、日本人が気軽に足を運びやすい立地となっています。
しかも、24時間営業となっているので空いた時間を利用して風俗遊びを楽しむことが出来るのです。
もちろん、予約無しで飛び込みでも問題ありません。

おばちゃんと交渉をする

サウナでお風呂を楽しんでラウンジにいると、必ずおばちゃんが話しかけてきます。
このおばちゃんはポン引きの役割を持っており、「女性はどうだ?」と女性を紹介してくるのです。
そして、おばちゃんについていくと奥のプレイルームに案内され、しばらくするとそこに女性がやって来ます。
そこで自分好みの女性であればすぐにプレイを始めることが出来ますが、好みでなければチェンジをすることも可能です。
30歳前後の女性が中心であることからフレッシュさはありませんが、その分だけ豊富なテクニックを持っています。
そのため、サウナでは濃厚なプレイを楽しむことが出来るのです。
テクニックを求める男性におすすめ出来ます。

マッサージから始まるプレイ

風俗雑学を求める男性にとっては具体的なプレイ内容が気になるもの。
台湾のサウナではいきなりプレイが始まりません。
最初はスタンダードなマッサージから始まるのです。

そして、マッサージ中にお客さんの股間に手が伸びて、そこから本格的なプレイが始まるのです。
世界にはもっとリーズナブルな風俗もありますが、そういった風俗のサービスは簡易的なもの。
しかし、台湾のサウナではじっくりとマッサージを楽しんだ後にプレイを楽しむことが出来るのです。
さらに、入浴した後にマッサージとプレイがありますので、リラックスした後に楽しめます。
また、日本人客が多いことから多少日本語が話せる女性も在籍しているので安心です。
台湾は日本から近いので長期休みを利用して足を運んではいかがでしょう。